Tanzania Safety Inspection JP

タンザニア向け車両安全検査

 

over free bibliography page
こちらは、タンザニア共和国内で使用される予定である日本、アラブ首長国連邦、および英国からの中古自動車の出荷前の車両安全(路上適格性)検査、及び放射線検査を行うサービスです.

これにより、耐用性があり環境に優しい車両のみが国に入ることができ、タンザニアが低品質の中古車の投棄場所にならないようにします.

タンザニアへの輸入はハンドル左右の制限はありません。 現在、タンザニアに輸入される中古車には登録年度の制限はなく、すべての輸入車両には「到着時」の路上使用適格性検査が必要とされています.

 
タンザニア検査に関してよくいただく質問

Q:タンザニア向け車両安全検査と放射線検査で重要なことは何ですか?
A: タンザニア標準局(TBS)は、日本およびアラブ首長国連邦からのすべての輸入車両について、出荷前の放射線検査(有効な証明書付き)を実施することを義務付けています。 この検査は、高放射性車両がタンザニア市場に参入するリスクを最小限に抑え、タンザニア人の健康、安全、環境保護を確保するためのものです。 輸出前に放射線検査が完了していることが求められます。またすべての輸入車両には「到着時」の路上使用適格性検査が必要とされています.

Q: タンザニアに出荷する車両に対する確認事項はありますか?
A: 次の事項をご確認ください:
  • • 車両はEAAの安全検査(路上使用適格性検査)を受けて合格すると証明書が発行されます。検査には、校正済み機器を使用し、ブレーキシステム、サイドスリップ、放射線レベル、排出量、照明などをテストします.
  • • タンザニアへの車両輸入には登録年数制限はありません.
  • • ハンドルの左右に規制はありません.
  • • この検査は内部の機械的検査とは見なされません.
Q: 検査料はいくらですか?
A: 車両安全検査料(税込)は8,800円(エンジンサイズに関わらず、1台につき) 放射線のみの検査料(税込)は1,500円

Book your Tanzanian Roadworthiness inspection

Inspection in JAPAN – here.

Inspection NOT in Japan – here.